Teaching Practice

トップページ > 教育実習プログラム

日本語教育を学ぶ皆さまに向けた教育実習プログラム

日本語教師ニーズの高まり

少子高齢化が進む現代、日本社会のあらゆる面で外国人人材の活用が進められています。
日本の各企業、業界団体、行政機関、大学や専門学校などの教育機関、地方自治体、、、、様々な社会的シーンで外国人の採用、活用が進み、もはや外国人無しに日本社会、教育、産業などを語る事ができない時代となりました。
そういった社会的背景を要因として日本留学者数も年々増加しており、日本語教育の専門家である日本語教師は多くのシーンで引く手数多の状況が続いています。

ヒューマンアカデミーでは、そういった社会的なニーズと日本語教育を学ぶ皆様との懸け橋となるべく、大学やその他の教師養成機関で学ぶ方々に向けた教育実習プログラムを開講しています。

教育実習

教育実習

教育実習プログラムとは 日本最大規模の日本語教師養成機関であり、日本語教育機関でもあるヒューマンアカデミー株式会社が提供する、日本語教師を目指す皆さまに向けた、超実践型教育プログラムです。
このプログラムは国際社会や時代の変化に伴い刻々と変化する日本語教育の最前線にある日本語学校の現場で最先端の教育を学び、実践力を習得できるよう工夫されています。
実際の授業で教壇に立ち、日本語教育の現場を体験する大変密度の濃いプログラムとなっています。
日本最大規模の日本語教育機関だからこそ提供できる最先端の日本語教育現場で実践力を磨いてみませんか。

教育実習プログラム概要

教育方針

「学習者のプロフィシエンシーを育てること」にフォーカスを当て、共働学習による学習者主体の授業を行い、Active learningの実践を目指す。教室は、学習者が主体的、自律的に学ぶ場であり、学習者同士が日本語でコミュニケーションを行うことで学習を進める場である。教師は損ば、つまり学習者同士の協働学習が起こる場を設定し、その場での学習者の活動を支援する。

実習期間と狙い

実習A:1週間コース

日本語教育に関心をお持ちの方に、実際の教育現場をご紹介いたします。

実習B:2週間コース

将来、日本語教育に本格的に携わりたいと考えている方に、教育現場をご体験いただきます。
実習日程以外に、事前、事後研修(各2時間程度)への参加ができる方のみのご参加とさせていただきます。

実習概要

実習項目時間研修内容
事前研修2時間日本語学校の仕事の概要を知る
実習80時間
  • 日本語学校紹介
    日本語学校のコースデザイン・カリキュラム・授業形態・教師の仕事の概要を知る
  • 教育理念・指導方針紹介
    HAJLの日本語教育理念及び授業方針を理解する
  • 授業体験
    体験を通して、プロフィシエンシーを育てる授業を理解する
  • 毎日の勤務の仕事体験
    専任講師の授業以外の仕事を知る
  • 授業見学
    レベル別に授業を見学し、1日の授業の流れを知る
    学習者主体の授業の進め方を学ぶ
    レベルによって教師の授業の進め方や学習者の動かし方が異なることを知る
    教師と学習者及び学習者同士のインターアクションのあり方を知る
  • 模擬授業(初級)
    場面会話の練習、文型練習の進め方がわかる
    パターンプラクティスのさせ方がわかる
  • 科目別指導方法理解
    各科目別の指導の方法を知る
  • 授業実践(初級・中級)TAとして
    初級:場面会話の導入と文型練習を体験し、学習者をなんとか動かすことができる
    中級:学習者の発表の準備を支援する
    上級:学習者の読解活動を支援する
  • 授業参加
    学習者として授業を体験し、学習者の意識を理解する
  • 学生対応(教務)
    個人面談でどのようなことを話すか、学習者の問題点は何かを知る
    留学生の進路指導の概要を知る
  • 行事
    日本語学校の行事とその準備、および運営がどのように行われるかを知る
  • 学生対応(学務)
  • 学生交流
  • 勉強会参加
事後研修2時間教育実習で学んだことをまとめてフィードバックする。

事前研修

2時間
日本語学校の仕事の概要を知る

実習

80時間
  • 日本語学校紹介
    日本語学校のコースデザイン・カリキュラム・授業形態・教師の仕事の概要を知る
  • 教育理念・指導方針紹介
    HAJLの日本語教育理念及び授業方針を理解する
  • 授業体験
    体験を通して、プロフィシエンシーを育てる授業を理解する
  • 毎日の勤務の仕事体験
    専任講師の授業以外の仕事を知る
  • 授業見学
    レベル別に授業を見学し、1日の授業の流れを知る
    学習者主体の授業の進め方を学ぶ
    レベルによって教師の授業の進め方や学習者の動かし方が異なることを知る
    教師と学習者及び学習者同士のインターアクションのあり方を知る
  • 模擬授業(初級)
    場面会話の練習、文型練習の進め方がわかる
    パターンプラクティスのさせ方がわかる
  • 科目別指導方法理解
    各科目別の指導の方法を知る
  • 授業実践(初級・中級)TAとして
    初級:場面会話の導入と文型練習を体験し、学習者をなんとか動かすことができる
    中級:学習者の発表の準備を支援する
    上級:学習者の読解活動を支援する
  • 授業参加
    学習者として授業を体験し、学習者の意識を理解する
  • 学生対応(教務)
    個人面談でどのようなことを話すか、学習者の問題点は何かを知る
    留学生の進路指導の概要を知る
  • 行事
    日本語学校の行事とその準備、および運営がどのように行われるかを知る
  • 学生対応(学務)
  • 学生交流
  • 勉強会参加

事後研修

2時間
教育実習で学んだことをまとめてフィードバックする。

参考として実習Bの実習概要を掲載しています。

実習費用

実習A
21,600円
実習B
43,200円

※別途教材購入ご希望の場合は実費ご請求いたします。
※コピー等、消耗品の使用につきましても実費ご請求させて頂きます。

弊社日本語教師養成講座修了生の方、担当の先生からの推薦を受けてらっしゃる方に、最大50%の授業費用減免制度があります。詳細は受講校舎にご確認ください。

お申込みまでの流れ

STEP1当校ホームページから申込書をダウンロード
STEP2必要事項を記入
STEP3担当の先生にご署名を頂きご提出ください
STEP4最終日程調整後お支払いください
STEP5実習が確定されます
STEP6事前研修から実習が開始されます

書類ダウンロード

ご注意

  • 担当教授の方のご署名、未成年の方は保護者の方のご署名がない場合はお申込みできません。
  • 別途実習の規約にご同意を頂いた方のみ受講できます。
  • 実習は原則としてすべての日程に参加可能な方のみ受講できます。
  • 教育者としての心得、自覚を持っての参加をお願い申し上げます。

※実施校舎:東京校のみ  (大阪校、佐賀校でのご希望につきましては別途お問い合わせください)

  • Line@tokyo
  • 講師採用のお知らせ
  • 日本語教師を目指すなら ヒューマンアカデミー
  • 大丈夫.com

ビジネス、語学、IT、スポーツ、デザイン・アート、医療・福祉、及び趣味における継続教育授業・研修の提供ならびに、こども向け理科実験、ロボット製作における継続教育授業の提供。

ヒューマン国際大学機構における英語学習サービスの提供、及びヒューマンアカデミー日本語学校における日本語学習サービスの提供。認証取得についての詳細はこちら。


Tokyo Skype Me™! Osaka Skype Me™! Saga Skype Me™!
Pagetop